円形本当に怖い!脱毛の危険!!あなたのハゲは治る??治らない??

円形脱毛の危険!!あなたのハゲは治る??治らない??

円形脱毛症には2つのタイプがあります。
育毛剤7

大別すると普通型と危険型とに分けることができます

普通型はそこまで心配する必要はないでしょう。普通型にはハゲる理由があり、その理由を取り除いてあげると自然に6〜8か月の間に毛は元に戻ります。数も多くて2〜3個程度です。サイズは10円玉程度で禿の大きさは大体同じぐらいの大きさになっています。

 

特徴として普通型は子供にできる傾向が多く、いじめや勉強のストレスなどが原因となりハゲになるようです。

 

また毛全体が弱くなっているのではなく円形になった部分だけが弱くなっているだけなので、そのほかの部分については健全な毛とほとんど変わらないということです。

 

ほっといても問題はありませんが、気になる方は早めに医師の診断を受け、処置することをお勧めします。

 

 

もっとも注意しなければいけないのが、危険性円形脱毛症です。

育毛剤8
これはハゲになる部分が特定できません。普通の場合は生え際にはできることはありませんが、この危険性の場合は生え際はもちろん、まゆ毛やまつ毛にも飛び火をするなどとても危険な円形なのです。また普通型と違いハゲの形もサイズもバラバラで楕円系のハゲなったり、500円玉以上のサイズのハゲができたりします。
原因としては普通型と同じくストレスや精神不安定などが原因となるのでしょうが、そこにさらにアトピー肌やアレルギー肌などが合併症状として併発していると考えられています。
こういったハゲの場合は自分でなんとかしようと思わず真っ先に医師に相談しましょう。自分の判断で育毛剤や発毛剤を使っては逆にハゲが悪化する場合もあります。

 

 

 

円形になる主な原因

自己免疫異常、抹消神経異常、自立神経異常等が原因と言われていますが、近年ではストレスが大きな原因ではないかとも考えられています。円形脱毛の傾向として子供に多くできるのは受験や親の教育などでストレスがたまります。まだ精神的にも成熟していない子供は期待に応えなければと自分にプレッシャーをかけてしまい、それがストレスの根源になっているようです。

 

ストレスの原因は人により千差万別でしょうが、円形ハゲになる理由としては最終的には血行障害が原因となります。細菌や雑菌などが炎症を起こし、周りの血流の流れをせき止めてしまいます。それにその部分に栄養がいかなくなり、毛が抜けるといった事が起きる様です。どうなの?リーブ21と育毛剤の違いは??

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ